スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦力考察(千葉)

昨年は最終節で6位に滑り込んだものの、またも涙をのんだジェフユナイテッド千葉。
エスナイデル体制2年目となる今シーズンの陣容を各ポジションごとに見ていこう。

予想布陣 4-1-2-3(4-4-2の可能性もあり)
201609121016424c6.png

赤字:新加入選手
()内は昨年の成績

ゴールキーパー
1番手:佐藤 優也(35試合)
2番手:大野 哲煥(出場なし)

現状、登録しているのは2名のみ。
外国人GK獲得の動きがあるようで、実質佐藤と新加入選手の争いとなりそう。
大野はベンチ入りを増やせるか。

センターバック
1番手 近藤 直也(38試合4得点)
2番手 増嶋 竜也(仙台:22試合1得点)
3番手 岡野 洵(11試合)
4番手 鳥海 晃司(明治大)

近藤の相方が誰になるかが焦点。
増嶋が1歩抜きん出でいるが、戦術理解度によっては岡野、鳥海も十分付け入る隙はありそう。

左サイドバック
1番手 高木 利弥(山形:36試合1得点)
2番手 杉山 弾斗(市立船橋高)
3番手 乾 貴哉(25試合3得点)

昨年の左の主軸を担っていた乾が長期離脱中のため、3番手からのスタートということに。
高木、杉山はこの間にアピールできるか。

右サイドバック
1番手:山本 真希(23試合3得点)
2番手:溝渕 雄志(13試合)
※ 茶島 雄介

山本と溝渕の争いになると思われるが、茶島が割り込む可能性もあり。
守備面ではややウィークポイントか。

ディフェンシブハーフ
1番手:熊谷アンドリュー(31試合出場)
2番手:佐藤 勇人(19試合出場)

甲乙つけがたい状況。守備の貢献度を考えると、熊谷になると思われる。

オフェンシブハーフ
1番手:町田也真人(36試合6得点)
2番手:矢田旭(17試合2得点)
3番手:小島秀仁(愛媛:38試合6得点)
4番手:茶島雄介(広島:12試合出場)
5番手:高橋壱晟(23試合2得点)

どの選手にもチャンスあり。
町田がややリードしている印象で、矢田と小島のどちらをチョイスするかがポイントか。
茶島も能力はある選手だが、出場数が多くないのは少し気になる。
高橋も序列を覆す力のある選手。定着を目指したい。

左ウイング
1番手:為田 大貴(17試合4得点)
2番手:清武 功暉(40試合11得点)
3番手:ホルヘ サリーナス(15試合)
4番手:本田 功輝(←香川西高)

激戦区。清武は終盤にパフォーマンスを落としたが、コンディション次第では為田からスタメン奪取も容易だろう。
サリーナス、本田はまずはベンチ入りを目指したい。

右ウイング
1番手:船山 貴之(38試合7得点)
2番手:古川 大悟(ユース:2試合)
※為田 大貴、清武 功暉

船山が圧倒的優勢。
2番手には古川を置いたが、為田か清武のいずれかが流れてくると考えるべきか。

フォワード
1番手:ラリベイ(38試合19得点)
2番手:指宿 洋史(28試合3得点)
3番手:吉田 眞紀人(町田:28試合3得点)

文句なしでラリベイが1番手。
指宿、吉田と実力者が出番をうかがっている。

[評価]
FW:シーズンを戦う上では問題なさそう。
MF:層の厚さはJ2屈指といっていい。
GK・DF:実力者は多いが、選手の入れ替わりが多いのは少し不安。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jinform.blog.fc2.com/tb.php/42-a3a34daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Jin

Author:Jin
FC2ブログへようこそ!

最新記事

Twitter

更新情報、管理人の独り言を呟いています。

月別アーカイブ

カテゴリ

J1 (8)
J2 (4)
J3 (5)
ACL (1)
ルヴァン杯 (3)
天皇杯 (9)
W杯 (0)
日本代表 (2)
戦力考察 2018 (12)
移籍 (20)
toto予想 (4)
選手 (0)
対戦成績 (4)
マスコット総選挙 (2)
NYC2017 (2)
紹介 (1)
その他 (5)

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
836位
アクセスランキングを見る>>

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。