2018 順位予想 J1編

今季のJ1の順位を予想してみた。
※ 執筆時間があまりとれないので、順位予想バトルの自分の予想部分を引用。

 01位:鹿島アントラーズ
 02位:セレッソ大阪
 03位:ジュビロ磐田
 04位:川崎フロンターレ
 05位:横浜Fマリノス
 06位:柏レイソル
 07位:ベガルタ仙台
 08位:ヴィッセル神戸
 09位:浦和レッズ
 10位:FC東京
 11位:名古屋グランパス
 12位:ガンバ大阪
 13位:サガン鳥栖
 14位:清水エスパルス
 15位:V・ファーレン長崎
 16位:コンサドーレ札幌
 17位:サンフレッチェ広島
 18位:湘南ベルマーレ

【 その理由を簡潔にお書きください。(理由が書かれていない場合、無効になることもあります。) 】:

[鹿島] 本命不在ということもあり、「混戦だったけど、気が付いたら鹿島」という展開になりそう。
昨年とはメンバーに大きな変更はないが、DF内田、安西、犬飼の加入でウィークポイントだった守備陣の選手層を強化。DF山本、昌子らの負担を軽減する働きが期待される。

[C大阪] 昨年のベースに加えてFW高木、ヤンなど新たな攻撃のオプションが出来上がった。
ACL参戦組だが、今季も上位進出するだろう。ただ、過去の傾向で終盤に失速しそうな予感がする。

[磐田] 派手さはないが、昨年同様、着実に勝ち点を積み上げていきそう。
FW小川、中野やMF上原など若手の底上げでさらなる上位進出をするのではないだろうか。

[川崎] MF齊藤、FW大久保と攻撃の中心を担える選手が加入。
ただ、かえって足を引っ張る可能性も高い。
MF家長のように彼らがうまく馴染めれば再び王者になれそうだが、少し厳しいか。

[横浜FM] ポステコグルー監督就任により、ポゼッションサッカーとなることが濃厚。
その中で周りを使えるタイプと言われている、新加入のMFユンはうまく馴染みそう。
MF齊藤、マルティノス移籍の影響はあまり大きくならないと感じた。

[柏] ACLでは上位進出が期待できるが(初戦は敗北したが)、リーグ戦で苦労しそうな印象。
やや順位を落とすと考えられる。

[仙台] 渡邉監督のスタイルがそろそろ形となる予感。
MF庄司、DF板倉と効果的な補強もできており、台風の目となりそう。

[神戸] 今の時点では不安要素のほうが多いが、監督交代など早い段階で持ち直う予感。MFチョンの復帰なども大きい。

[浦和] FW興梠以外の得点源が不在という印象。MF長澤、マルティノスが引き上げられれば上位進出も。

[F東京] 長谷川体制で多少は改善されそう。サイドの選手が迫力不足なのがネックか。

[名古屋] 守備面で大きな不安を残すが、攻守両面で外国人選手が躍動しそう。
今季はいわゆる定位置の中位に踏みとどまるとみる。

[G大阪] 今年は若手主体なので、土台作りの1年になりそう。真価を発揮するのは後の方になりそう。

[鳥栖] ここ近年に比べて補強が寂しい印象。FW豊田移籍による精神面での影響も少なからずありそうだ。

[清水] 昨年は主力の故障者多発に悩んだことが影響した感じがあったので、降格はないだろうと予想。
ヨンソン氏が監督に就任したのも大きい。

[長崎] 手堅さのあるチームなので、なんとか残留できるのではないか。DF徳永、FWハロランらの加入も大きい。

[札幌] 2007年の広島のようなパターンとなりそう。今季はまだ本領発揮とまではいかなそう。

[広島] 昨年はなんとかこらえたが、もう厳しいか。城福氏にポジティブな印象が少ないのも問題点。

[湘南] チョウ体制でこれ以上の上積みはそろそろ厳しい気が。2015年並みの旋風を起こすには厳しい陣容。

スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

2018 順位予想 J2編

今季のJ2の順位を予想。
あまり時間が取れないので簡略的に。

1 ヴァンフォーレ甲府
2 大宮アルディージャ
3 徳島ヴォルティス
4 ジェフユナイテッド千葉
5 東京ヴェルディ
6 アルビレックス新潟
7 大分トリニータ
8 アビスパ福岡
9 松本山雅FC
10 横浜FC
11 FC町田ゼルビア
12 水戸ホーリーホック
13 京都サンガF.C.
14 ファジアーノ岡山
15 栃木SC
16 モンテディオ山形
17 ツエーゲン金沢
18 レノファ山口
19 ロアッソ熊本
20 FC岐阜
21 愛媛FC
22 カマタマーレ讃岐

(予想理由)
非常に悩んだが、甲府と大宮を昇格候補に予想。
甲府はFWリンス、DFリマ、MF小椋らの残留に加え、FWジネイを筆頭にMF小塚、FW金園らが加入。攻守両面でバランスが良く、安定して勝ち点を稼げるのではないだろうか。
大宮は昨年は散々な1年だったが、今季は石井監督がシーズン初頭から指揮。FW江坂らの移籍はあったものの、MFマテウス、横谷など一定の戦力は保持。そこにGK笠原、MF三門、FWシモヴィッチらが加わりこちらも安定して勝ち点を稼げそう。また、ルヴァン杯がないのも大きい。

PO圏内は混沌としているが、中盤が充実している徳島と千葉、昨年のベースがある東京Vが抜け出すと予想。
残り1枠は悩んだ末に新潟。
かなり久々のJ2で遠征面での苦労やルヴァン杯参加の影響で序盤で苦労しそうだが、昨年同様終盤に脅威の追い上げを見せそう。鈴木監督の手腕にも期待したい。
大分は片野坂システムに円熟味が増しそう。MF丸谷、宮阪の獲得でMF鈴木惇の移籍に対するダメージを軽減できたのも大きい。
福岡はFWウェリントン、MF三門、DF冨安など多くの主力が移籍。
シャペコエンセから加入のFWトゥーリオ、柏から加入のDF輪湖など面白い補強はしているが、そろそろ井原体制に限界の予感。
松本もMF岩上、ダブル前田(MF前田直、FW前田大)の復帰など大型補強を敢行したが、反町体制はもう厳しいように感じる。

残留争いは19位以下のチームが巻き込まれそう。
熊本は渋谷監督が就任。昨年よりは安定した戦いができるだろうと考え、19位予想。
岐阜はMFシシーニョ、庄司の移籍によるダメージが大きそう。
ただ、大木監督が指揮を執るチームなのでブレなければ残留できるだろうと感じ、20位予想。
愛媛はMF藤田、小島、DF浦田など要所の選手が移籍したのが痛い。
守備面のテコ入れをしたようだが、正直不安要素のほうが大きい。
久々に復帰したDF前野もしばらく試合から遠ざかっているため、その点も心配だ。
讃岐はMF仲間、馬場など多くの選手が移籍したが、その割に補強が寂しめ。こちらも北野体制に限界を感じ、そろそろ決壊しそう。

<その他のチーム>
[横浜C] イバ、ヨンアピンらが残留したが、タヴァレス監督があまりにも未知数。
大きく順位は動かないのでは。

[町田] 昨年は怪我人に泣いた印象なので、やや順位を伸ばすのでは。
MF杉森やDF小島など気になる補強も。

[水戸] 守備陣以外がごっそり入れ替わったが、鹿島戦を見る限り、新たなる攻撃陣が躍動の予感。
少し順位を伸ばすのでは。

[京都] 布部監督には期待できないが、ジュロヴスキー氏がコーチに就任し、多少の暴走は収まるはず。
だが、補強がその代わり小ぶりな印象。1つ順位を落とすか。

[岡山] FW豊川、片山を筆頭に大量に選手が入れ替わった。
ただ、DF後藤、MF上田の復帰などもあるので中位は安泰だろう。

[栃木] 予想の難しい昇格組。
GKレオーニ、FWペチュニク次第なところは大きいので、15位とやや厳しめに予想。

[山形] 守備陣が大きく変わったことが仇となりそう。
新外国人3名もなんともいえない印象。

[金沢] MF清原の復帰やFW佐藤の残留など好材料は多い。
だが、中位進出には少し厳しい印象。

[山口] JFA技術委員長を歴任した霜田氏が監督就任。
FWオナイウらの加入で総合力が上がった印象。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

2017 J1最終節 色々まとめ

今季のJ1も、ついに最終節。
例年のことながら、優勝争いと残留争いに注目が集まっている。

そんなわけで、いつも通り状況を確認していこう。

1. 優勝争い

(現在の順位)
1 鹿島アントラーズ (71)+22
2 川崎フロンターレ (69)+34

<対象カード>
ジュビロ磐田 vs 鹿島アントラーズ
川崎フロンターレ vs 大宮アルディージャ

<優勝条件>
[鹿島]
○(74)→鹿島優勝
△(72)、●(71)→川崎△以下なら優勝

[川崎]
○(72)→鹿島△以下なら逆転優勝

2.残留争い

(現在の順位)
15 清水エスパルス (31)-20
---------------------------
16 ヴァンフォーレ甲府 (29)-17

<対象カード>
ヴァンフォーレ甲府 vs ベガルタ仙台
ヴィッセル神戸 vs 清水エスパルス

<残留条件>
[清水]
○(34)→残留
△(32)、●(31)→甲府△以下なら残留

[甲府]
○(32)→清水△以下の場合、残留
△(30)、●(29)→降格

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

J1 外国籍選手使用状況

時は2017年7月。J1は早くも半分も折り返し、後半戦を迎えた。
そこで、今回着目したのは今シーズンから外国籍選手枠のルールが変更となったことで、各チームは現状、そして後半戦以降、どう外国籍選手枠を使っていくかにフィーチャーしてみた。

まず、今季からの外国籍選手枠のルールを確認しておくと、


2017明治安田生命J1・J2・J3リーグ戦試合実施要項
第2節 試 合
第14条〔外国籍選手〕
(1)試合にエントリーすることができる外国籍選手は、1チーム3名以内とする。ただし、 アジアサッカー連盟(AFC)加盟国の国籍を有する選手については、1名に限り追加でエントリーすることができる。
(2)登録することができる外国籍選手は、1チーム5名以内とする。
(3)Jリーグが別途「Jリーグ提携国」として定める国の国籍を有する選手は、前2項との関係においては、外国籍選手ではないものとみなす。
※Jリーグ提携国:タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、イラン、マレーシア、カタール


となっている。
これらに加えて、『日本で生まれ』かつ『日本で義務教育中であるか日本の義務教育を終了したか日本の高校・大学を卒業した』者については、「外国籍扱いしない選手」として1チームにつき1名登録することができる。
そのため、今季より各チームには例年には無かった外国籍選手間の選手登録、試合出場を賭けた争いが起きている。

では、ここで各チームの外国籍選手枠の使用状況を見て行きながら、序列などを考察していきたい。

[見方]
A:アジア枠
T:Jリーグ提携国枠(外国籍選手枠としてカウントせず)
N:在日枠(外国籍選手枠としてカウントせず)
x:登録抹消中

[北海道コンサドーレ札幌]
1:GK ク ソンユン(韓国) [レギュラー]
2:MF マセード(ブラジル) [当落線上]
3:FW ヘイス(ブラジル) [当落線上]
4:FW ジェイ ボスロイド(イングランド) [NEW]
A:MF キム ミンテ(韓国) [レギュラー]
T:MF チャナティップ(タイ) [NEW]
x:MF ジュリーニョ(ブラジル)

元磐田のジェイ、タイのメッシことチャナティップを補強。
チャナティップは外国籍選手枠としてカウントされないため、馴染めればベンチ入りもおのずと増えていくことだろう。
その一方で、ジェイとポジションが被るヘイスがスタメンを外れる可能性が高い状況に。
仮にへイスを残す場合、韓国人2人を外すとは思えず、マセードをベンチ外にして早坂、田中、石井らがSHの枠を争う展開になるだろうか。

[ベガルタ仙台]
1:FW クリスラン(ブラジル) [レギュラー]
2:
3:
4:
A:GK イ ユノ(韓国) [ベンチ外]
N:MF リャン ヨンギ [サブ]

そもそも戦力になる外国籍選手がクリスランしかいない。
おそらく今後、外国籍選手の補強があるとは思われるのだが、昨年の夏に補強したMFパブロが全く戦力にならなかった前例もあってか、やや慎重気味か。

[鹿島アントラーズ]
1:DF ブエノ(ブラジル) [ベンチ外]
2:MF レオ シルバ(ブラジル) [レギュラー]
3:MF レアンドロ(ブラジル) [準レギュラー]
4:FW ペドロ ジュニオール(ブラジル) [レギュラー]
A:GK クォン スンテ(韓国) [レギュラー]

現状はブエノがベンチ外になるケースが多いが、他の3選手のコンディション状況や、CB陣に不測の事態があった場合はベンチ入りする機会が時々ある。
だが、基本的に序列は後半戦も変わらないだろう。

[浦和レッズ]
1:FW ラファエル シルバ(ブラジル) [レギュラー]
2:FW ズラタン(スロベニア) [サブ]
3:
4:
A:DF トレント セインズベリー(オーストラリア) (噂)
T:FW メフディ タレミ(イラン) (噂)

噂されるタレミは外国籍選手としてカウントされないため、着眼点は悪くない。今後の動向に注目。
セインズベリーはクラブ側が「正式なものではない」とコメントしており、同じく今後の動向待ち。
その一方、成績が伸びず、監督交代の可能性も少なからずある為、既存の外国籍選手もあまり落ち着けない。

[大宮アルディージャ]
1:MF ネイツ ペチュニク(スロベニア) [当落線上]
2:MF マテウス(ブラジル) [サブ]
3:FW マルセロ トスカーノ(ブラジル) [NEW]
4:MF カウエ セシリオ(ブラジル) [NEW]
A:DF キム ドンス(韓国) [NEW]

済州からマルセロ、ポルトガルからカウエを獲得。マルセロは今季のACLで3得点をマークしており、そのうち2得点はG大阪と浦和から点を取っており、期待大。
カウエはボランチの選手で4-1-4-1のアンカーに入ると思われる。
その一方で出番が減っていたムルジャを湘南へ売却。ペチュニクも出番減が予想される。

[柏レイソル]
1:DF ユン ソギョン(韓国) [サブ]
2:FW クリスティアーノ(ブラジル) [レギュラー]
3:FW ディエゴ オリヴェイラ(ブラジル) [サブ]
4:FW ハモン ロペス(ブラジル) [当落線上]
A:MF キム ボギョン(韓国) [NEW]
x:FW ドゥドゥ(ブラジル)

ユン、ハモンがやっと試合に絡み始めたが、キムボギョンが加入。
恐らくチームバランスを考えると、ハモンがベンチ外になるのが濃厚だ。

[FC東京]
1:FW ピーター ウタカ(ナイジェリア) [レギュラー]
2:MF リッピ ヴェローゾ(ブラジル) [NEW]
3:DF チャン ヒョンス(韓国) [NEW]
4:
A:MF ユ インス(韓国) [U-23]
T:MF ジャキット(タイ) [NEW]

一気に大量3選手が加入。リッピは15日の鳥取戦で後半途中からの出場で得点を決めている。
ドイツ遠征には帯同しない為、しばらくはU-23で試合勘を戻すようだ。
ジャキットもまだ若い選手のため、同じくU-23での起用が主戦場か。
一方、チョンはドイツ遠征に帯同。森重不在の間にアピールできるか。

[川崎フロンターレ]
1:DF エウシーニョ(ブラジル) [レギュラー]
2:DF エドゥアルド(ブラジル) [レギュラー]
3:MF エドゥアルド ネット(ブラジル) [レギュラー]
4:FW ハイネル(ブラジル) [当落線上]
A:GK チョン ソンリョン(韓国) [レギュラー]

エウシーニョが復帰したため、現状はハイネルがベンチ外。
家長も試合に絡みつつあり、三好や長谷川らも定位置争いに参加していることから、出番は限られそうだ。

[横浜Fマリノス]
1.DF ミロシュ デゲネク(オーストラリア) [レギュラー]
2.MF マルティノス(キュラソー) [レギュラー]
3.MF ダビド バブンスキー(マケドニア) [レギュラー]
4.FW ウーゴ ヴィエイラ(ポルトガル) [レギュラー]
A:DF パク ジョンス(韓国) [ベンチ外]

デゲネク不在時にパクが出場しているが、基本的に彼以外の4名がスタメン入り。
ただし、代表活動で欠けることが多いのは悩みどころ。

[ヴァンフォーレ甲府]
1.DF エデル リマ(ブラジル) [レギュラー]
2.FW ウイルソン(ブラジル) [レギュラー]
3.FW ドゥドゥ(ブラジル) [レギュラー]
4.FW ジュニオール バホス(ブラジル) [NEW]
A:MF オリヴァー ボザニッチ(オーストラリア) [準レギュラー]
x:FW ガブリエル(ブラジル)

バホスを補強したものの、リマ、ウイルソン、ドゥドゥ、ボザニッチが健在。
バホスの早期フィットが望まれるが、残念ながら控え選手を出せる機会が少ないため、なんとか活路を見出したい。

[アルビレックス新潟]
1:MF チアゴ ガリャルド(ブラジル) [レギュラー]
2:MF ロメロ フランク(ペルー) [当落線上]
3:FW ホニ(ブラジル) [レギュラー]
4:FW ドウグラス タンキ(ブラジル) [NEW]
A:DF ソン ジュフン(韓国) [レギュラー]

元群馬のタンキを獲得。守備陣もソンだけでは物足りなさがあるが、前線の選手に偏っているのは致し方ないか。
ロメロに関しては日本国籍取得の動きもあるらしいので、そこで1枠開けられれば良いが、果たして間に合うか。
(Twitter情報によると、申請がなかなかおりないとのこと)

[清水エスパルス]
1:DF カヌ(ブラジル) [準レギュラー]
2:DF フレイレ(ブラジル) [当落線上]
3:FW チアゴ アウベス(ブラジル) [レギュラー]
4:
A:FW ミッチェル デューク(オーストラリア) [準レギュラー]
N:FW チョン テセ(北朝鮮) [レギュラー]

どの選手も試合には絡めているが、チアゴに移籍の噂がある模様。
その動向次第では新たな外国籍選手獲得があるか。

[ジュビロ磐田]
1:GK カミンスキー(ポーランド) [レギュラー]
2:FW アダイウトン(ブラジル) [レギュラー]
3:
4:
A:MF ムサエフ(ウズベキスタン) [レギュラー]

まだ2枠残っているとはいえ、現状の3選手が高クオリティー。無理に外国籍選手の補強はしなさそう。
だが、優勝争いに絡んでいくために補強する可能性もなくはない。
特にCFに関しては川又が健在とはいえ、控えが少ないので切り札タイプで1人取ってみると面白そうだが、動いてくるだろうか。

[ガンバ大阪]
1:DF ファビオ(ブラジル) [レギュラー]
2:DF オ ジェソク(韓国) [レギュラー]
3:FW アデミウソン(ブラジル) [レギュラー]
4:FW ファン ウィジョ(韓国) [NEW]
A:DF ペ スヨン(韓国) [U-23]
N:DF キム ジョンヤ(韓国) [サブ]

後半戦の出来はファン次第なところはあるが、地力はあるので、大崩れはしなさそう。
また、ジョンヤを在日枠として活用できるのも、CBの控えが不足気味のG大阪にとってはありがたい。

[セレッソ大阪]
1:GK キム ジンヒョン(韓国) [レギュラー]
2:DF マテイ ヨニッチ(クロアチア) [レギュラー]
3:MF ソウザ(ブラジル) [レギュラー]
4:FW リカルド サントス(ブラジル) [ベンチ外]
A:GK アン ジュンス(韓国) [U-23]

ジンヒョン、ヨニッチ、ソウザと質の高い外国籍選手がそろう。
その一方、サントスは結果こそ残しているものの、カップ戦でしか絡めておらず、不遇な立場に。
どこか獲得に動くチームも現れそうな気がするが、現状そのような話はない。

[ヴィッセル神戸]
1:MF ニウトン(ブラジル)[レギュラー]
2:MF ウエスクレイ(ブラジル) [当落線上]
3:FW ルーカス ポドルスキ(ドイツ) [NEW]
4:FW レアンドロ(ブラジル)[レギュラー]
A:GK キム スンギュ(韓国)[レギュラー]

ニウトン、ポドルスキ、レアンドロ、キムというJトップクラスの選手がそろう。
レアンドロの復帰にはもう少し時間がかかりそうなので、その間にウエスクレイは、爪痕を残したいところだ。

[サンフレッチェ広島]
1:MF フェリペ シウバ(ブラジル) [当落線上]
2:MF ミキッチ(クロアチア) [レギュラー]
3:MF アンデルソン ロペス(ブラジル) [レギュラー]
4:FW パトリック(ブラジル) [NEW]
A:FW ネイサン バーンズ(オーストラリア) [NEW]

ミキッチが故障中なので、しばらくはフェリペ、ロペス、パトリック、バーンズの4名が試合に絡むことが決定的。
そのため、彼が復帰した後で考えると、すでに現時点で試合に絡めていないフェリペがベンチ外最有力。
ちなみに、ロペスに関しては来年1月まで契約があるため、よほどのことがない限り退団はないだろう。

[サガン鳥栖]
1:DF フランコ スプットーニ(アルゼンチン) [当落線上]
2:DF キム ミンヒョク(韓国) [レギュラー]
3:FW チョ ドンゴン(韓国) [準レギュラー]
4:FW ムリキ(ブラジル) [噂]
A:DF チョン スンヒョン(韓国) [NEW]
x:FW ビクトル イバルボ(コロンビア)

外国籍選手の5枠中、3枠をCBに費やしている。
CBのスタメンはミンヒョクは当確として、残り1枠を青木、チョン、スプットーニで争うこととなるだろう。
イバルボに関しては、完全移籍加入が決まったとの報道があり、噂されているムリキは交渉失敗時のスペアと予想。
近々、正式発表があるだろう。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

20000ゴール大予想大会

J1はここまで7試合が終了。1993年から延べ19999ゴールが誕生し、20000ゴールまであと1ゴールに迫った。
つまり順当にいけば、4/21の試合で20000ゴールとなる。
そこでこのページでは20000ゴールは誰がとるかというアンケートを実施しようと思う。
各チームごとに選択肢を用意してある(もちろん2種登録選手も選択肢に含む)のであくまで理論上、当たる確率は低いが的中者は現れるのか!?

対象試合:
川崎フロンターレ 19:00 清水エスパルス
ガンバ大阪 19:00 大宮アルディージャ





無料アクセス解析







無料アクセス解析







無料アクセス解析







無料アクセス解析

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

«  | ホーム |  »

プロフィール

Jin

Author:Jin
FC2ブログへようこそ!

最新記事

Twitter

更新情報、管理人の独り言を呟いています。

月別アーカイブ

カテゴリ

J1 (8)
J2 (4)
J3 (5)
ACL (1)
ルヴァン杯 (3)
天皇杯 (9)
W杯 (0)
日本代表 (2)
戦力考察 2018 (12)
移籍 (20)
toto予想 (4)
選手 (0)
対戦成績 (4)
マスコット総選挙 (2)
NYC2017 (2)
紹介 (1)
その他 (5)

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
1620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
274位
アクセスランキングを見る>>

広告